海外不動産投資の知識を学ぶ【成功のための一歩】

家

優良資産に乗り換えよう

低い入居率が理由で安定した家賃収入を得られていないオーナーは、トータルサポートを提供する不動産投資会社に相談しましょう。相談することで、現在の物件を売却し優良資産に乗り換える提案を受けられます。理想の資産形成をするために、早期に相談することをおすすめします。

コンテンツ一覧

家とお金

収益物件を見つけること

安定した収入が得られるので不動産投資は人気があります。成功させるためには収益物件を確保する必要があります。最寄り駅から徒歩圏内にあり、近くに商業施設や商店街があれば合格です。もう1つの条件は日当たりと風通しが良いことです。このような部屋は長く居住する傾向が強く、不動産投資には有利です。

マンション

効率的な運用方法

価格が上昇したタイミングで、投資マンションを売る場合には、不動産会社に売却査定を依頼するのがポイントです。収益物件サイトで情報を公開したり、売る前にリフォームを行って価値を高めると、良い条件で保有するマンションを現金化できるでしょう。

家

不動産ファンドの代表です

みんなで大家さんの評判は色々あり投資に慎重になる方もいます。投資する前にプロの運用者から話を聞いてみるといいでしょう。また過去の運用実績も参考になります。評判とは違い、堅実な安定した分配金が払われ続けています。不動産投資を検討するならみんなで大家さんも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

家とお金

分散投資が必要

資産運用が低金利下で難しくなっていますが、分散して投資をすることが重要です。不動産投資に関しては国内の不動産価格の上昇が顕著となっており、海外不動産投資を選択することも必要です。先進国は物件は高額でも安定した収益が期待できます。発展途上国は地政学的なリスクや為替リスクがあるので情報の収集が重要です。

投資に役立つ基礎知識

スーツの人

注目されている手法とは

最近ではREITで運用するファンドを証券会社で買うことができるので、海外不動産投資を行う上でのハードルは、想像以上に低いです。証券化された金融商品は1万円程度の資金で購入できるので、資産運用の初心者も、気軽に海外不動産投資が行えるでしょう。しかし海外で個別の物件を購入して本格的に不動産投資を行うためには、1000万円以上の資金が必要であり、現地に関する情報も十分に集めるべきです。国内でも投資セミナーが開催されていますが、現地視察ツアーにも参加して、海外の賃貸経営についてのノウハウを学ぶことも重要です。安定性を重視している個人に人気があるのは、先進国の物件への投資ですが、成長性に注目する場合には新興国の物件が最適です。新興国で海外不動産投資を行うときには様々なリスクが予想されますが、現地に詳しい業者を活用すると、安定した家賃収入が得られるでしょう。一方で単に海外でマンションや一戸建てを買って賃貸経営をするだけではなくて、将来的な移住も視野に入れて、海外不動産投資を行うのが静かなブームです。国外で賃貸経営を行いながら現地の事情についても調べると、定年退職後の移住に最適な地域も、見極めることができるでしょう。また数年程度保有して値上がり益を確保する人も増えており、特に流動性の高い都市部やリゾート地のコンドミニアムが評判です。大手の不動産会社は現地法人を持っているので、購入後の家賃の徴収や、納税への対応などのサポートも受けられるでしょう。