海外不動産投資の知識を学ぶ【成功のための一歩】

コンテンツ一覧

収益物件を見つけること

家とお金

アクセスと生活環境が重要

不動産投資は他の投資に比べて安定した収入が得られるという特徴があります。しかしどのような投資にも必ずリスクはつきもので、不動産投資の場合のリスクは空室の発生です。空室が発生すると家賃収入がなくなり、マンションやアパートの運営に支障が出ます。ですから不動産投資の基本は、空室が発生しない条件の良い物件を確保することなのです。このような物件を収益物件といいます。不動産投資にはマンション一棟投資とワンルーム投資がありますが、どちらにしても収益物件を持つことが一番大事なことです。収益物件にはいくつかの条件がありますが、最も大事なのはアクセスが良いこと、生活に便利なことです。多少古い物件でも最寄り駅まで徒歩で行けるアクセスの良い部屋なら、必ず入居者がいます。ただしアクセスが良くても近くに商業施設や商店街がなければ入居者は見込めないのです。この2つの条件を満たしている物件は収益物件になりますので、不動産投資をやる場合に押さえておくべきです。この2つの他にもいくつか収益物件の条件があります。その中でも大事なのが日当たりと風通しです。マンションなら3階より上の階の部屋になります。実際に生活してみて日当たりや風通しが悪いと、契約更新の時に退出する入居者が出ます。多少アクセスに不便でも、生活環境の良い物件は長く住み続ける確率が高くなります。これから不動産投資をする場合、この3つの条件を満たしている物件を確保するようにします。