肌悩みを隠すアイテム

美容液

紫外線を浴びてしまったことで出来るシミ。それは女性の天敵でしょう。歳をとっているようにも見えてしまうため、シミ隠ししたい気持ちで一杯と言う方が多いです。ファンデーションの厚塗りをするとある程度は消すことが可能ですが、厚塗りによって顔と首の色が違うため不自然になってしまいます。シミ隠しをする場合はナチュラルに行なうことを心がけなければいけません。

最も自然にシミ隠しが出来る方法は「コンシーラー」です。コンシーラーは部分ファンデーションのようなもので、ピンポイントで肌の上に重ねることが可能です。大きなシミや濃いシミなど気になる部分だけを消せるということで、重宝しなければいけないでしょう。このコンシーラーは、ぼかしながらシミ隠しをすることが大切です。ベタベタと塗布してしまうと部分的にムラが出来てしまうからです。指先に少量取りポンポンと薄く叩くことで、上手くぼかせます。そうすれば顔全体にしっかりと馴染みますし、シミは目立ちません。

シミ隠しが行なえるコンシーラーにはリキッド、クリーム、スティック、ペンシルの4タイプあります。リキッドが最もカバー力があり、次いでクリーム、スティック、ペンシルの順番でカバー力の強さが変わってきます。
自分のシミの大きさや濃さで使用するタイプを変えると、塗りやすくなります。また、水や汗などの水分に強い種類もあるため、夏場はその種類を利用してみるのも良いでしょう。シーズンに合わせることで、ヨレなどを気にする必要がなくなります。