海外不動産投資の知識を学ぶ【成功のための一歩】

コンテンツ一覧

分散投資が必要

家とお金

為替のリスクを認識

世界的な低金利時代が到来しており資産運用には難しい時代となっています。資産運用においては分散投資が重要であり、不動産投資も検討する必要があります。日本国内は不動産価格の上昇が顕著となっており、海外不動産投資を選択することも重要です。海外不動産投資においては地域の経済状況を踏まえたうえで、地政学的なリスクや為替リスクを検討の上実施する必要があります。経済が発展している欧米への海外不動産投資は大きな成長は見込めませんが、安定的な収益を獲得することが期待できます。不動産投資市場が形成されており、様々な指標が公表されているのが一般的ですので、情報の収集次第では優良な物件に投資することが可能となります。発展途上国に対する海外不動産投資は今後の成長を見込んで投資することになりますので、成長次第では大きな収益を獲得できる可能性があります。しかしながら発展途上国には特有の地政学的リスクが存在するうえ、為替の変動も大きいのでそれだけリスクが高いと認識する必要があります。一般的に先進国への投資は金額が大きくなる傾向があるので、REITを活用して不動産投資額を抑えることが必要です。海外不動産投資の資金源が自己資金であれば問題はありませんが、金融機関から調達する場合には現地通貨で調達すると為替リスクをヘッジすることが出来ます。しかしながら金利次第で現在の日本の低金利で調達することも検討の余地があります。いずれにしても情報を収集したうえで正確に分析して投資対象とすることが重要です。