海外不動産投資の知識を学ぶ【成功のための一歩】

コンテンツ一覧

優良資産に乗り換えよう

家

入居率が低い物件を売却

安定した家賃収入を得られるのが不動産投資。のはずが、高い入居率を維持できず、十分な家賃収入を得られていないオーナーもいらっしゃいます。もし、入居率でお困りであれば、早期に不動産投資会社に相談すべきです。このままでは借入金の返済すらままならなくなり、資産を形成できません。相談すべき先は、物件の提案、客付け、管理までトータルサポートを行っている不動産投資会社です。また、入居率が最低でも97%を維持しているかも重要なポイント。さらに、現在保有している物件を売却し、新たな良質な物件を提案してくれるかも確認すべきポイントです。この3つを満たした不動産投資会社であれば、今の苦しい不動産投資の形成を逆転する提案をしてくれます。相談後は、現在保有している物件の入居率を100%にする提案を受けるでしょう。仲介業者に支払う広告料を増額してでも、とにかく入居率100%を目指します。というのも、入居率100%でなければ、売却できないため。不良資産を処分するために、家賃2ヶ月分から3ヶ月分の広告料はケチらずに支払います。それと同時に、優良資産の提案・紹介を受けます。再び入居率に困ることがないように、最寄り駅は主要駅に直接アクセスできるか、最寄り駅から徒歩7分以内であるかをしっかりと確認します。さらに現在抱えている借入金と物件の売却代金、新規に申し込む借入金とを考慮した資金計画を立てていきます。これらのことを1つ1つ丁寧に行っていくことで、入居率問題を抱える物件から安定した家賃収入を生み出す優良資産に乗り換えることが可能です。